NPO法人北アルプスの風

長野県内で介護を実践し地域福祉を展開する北アルプスの風グループです。

有料老人ホームの種類について

8年前の投稿
有料老人ホームの種類について

住宅型有料老人ホーム

介護が必要な人、自立の人の両方が対象。

住宅型有料老人ホーム食事等のサービスがついた概ね60歳以上の居住施設です。介護保険の対象ではないため、介護が必要になった場合は、在宅と同じように、介護サービスを外部に依頼し、介護サービスを受けることになります。

介護付有料老人ホーム

主に介護が必要な人が対象。

24時間体制で介護スタッフが常駐し、食事・入浴・排泄などの身体介護や、掃除・洗濯などの生活援助をはじめ、健康相談や機能訓練、レクリエーションなどの介護サービスを受けられます。

健康型有料老人ホーム

自立した高齢者のみが対象。介護はまだ必要ではないが、1人暮らしに不安を感じたリ、老後を楽しみたい概ね60歳以上の人が入居できる施設です。介護が必要になったら退居しなければなりません。