NPO法人北アルプスの風

長野県内で介護を実践し地域福祉を展開する北アルプスの風グループです。

学生の施設見学

4年前の投稿
学生の施設見学

こんにちは。今朝は横殴りの雨が吹いていて、心配しましたが晴れて室内も蒸し暑くなってきました。

さて、本日は長野市にある「長野社会福祉専門学校」の学生18名、引率の先生4名が施設見学にきました。

リーベには卒業生が4名働いています。Hもその一人です。

リーベに到着し、厨房お手製のお昼を食べていただきました。学生さんたちは食べながら(時間がなかったので)、職員の自己紹介を聞いていただきました。18回生、19回生、21回生が2名の職員たちそれぞれに、ここまでに至るまでのドラマがあります。手短ではありますが、それを交えて紹介させていただきました。

 

その後、ご利用者様たちが待つ部屋へ行き、レクリエーションが始まりました。実習だけでなく、今後初めていく場所では必ず自己紹介が必要になります。今回は自己紹介ゲームとして、名前と自分の良いところを紹介しあいました。

「自分の良いところ」・・・皆さんは、考えたことありますか?

Hの良いところは、細かい作業が好きなこと。工作や書類整理とか得意です(^▽^)ノ

 

さて、話に戻り・・・短い時間の中ではありましたが、ご利用者様3名と学生3名の方に自己紹介していただきました。緊張されたことでしょう。が、大きな声で一生懸命話してくれました。施設見学も済んで、学生さんたちは次の目的地へ。

学生の施設見学学校生活は、たったの2年間。その中で6回の実習を通して国家試験を無事通った人が、晴れて介護福祉士となります。苦しいこと、悲しいこと、現場のギャップに驚くこと、たくさんあることでしょう。でも、それ以上に楽しいこと、感銘を受けることもあるでしょう。

福祉の現場は、まだまだ大変です。人手不足や、賃金の低さなどは皆が知るところです。マイナスのことばかりに目を向けないで、是非プラスになることをたくさん見つけてくださいね!

皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています(^^)

(Last Update:2017年1月21日)